アクセスカウンタ

宇宙の意識と共に

プロフィール

ブログ名
宇宙の意識と共に
ブログ紹介

「宇宙の意識」に従った生活を目指しています。


YouTubeマイチャンネルはこちら


zoom RSS

モルヒネの百倍の効果、新鎮痛薬実用化へ

2018/09/21 18:45
モルヒネの百倍の鎮痛効果を持つ化合物が開発されたそうです。

これは和歌山医科大などの研究グループによるもので、
副作用が少ない鎮痛薬の実用化へ結び付くものだとしています。

がんなどの激痛緩和には通常モルヒネが使われますが、
続けると効果が薄れ、依存性が高まるという副作用がありました。

それが今回開発された「AT−121」では、
鎮痛効果をもたらす細胞内の受容体に作用するのと同時に、
副作用を抑える働きをする別の受容体にも作用します。

実際、サルを使った実験では、
モルヒネの百倍の鎮痛効果が確認されたものの、
副作用はほとんど見られなかったそうです。

それにしても百倍の鎮痛効果とは凄いものです。

これは言い換えると、
モルヒネの使用量の百分の一で済むという事です。

そうなればホスピスやペインクリニックに頼らなくても、
意識がハッキリしたままで最後の時を迎えられそうです。

またそこまで行かなくても、
激痛から解放してくれるだけで嬉しいものです。

痛みに耐えるには相当なエネルギーを消耗しますが
それが無くなれば回復するスピードも全然違ってきます。

鎮痛薬は、直接患部を攻撃しなくとも、
こうした間接的な効果を与えてくれるものです。

その早い実用化が大いに待たれるところです。


記事へトラックバック / コメント


「気」のパワーで液晶画面も鮮明に

2018/09/17 17:46
以前「気」でカラオケの音質が良くなった件を記事にしましたが、
今度はモニターの画質改善に挑戦したのでそのご報告です。

私が行くスナックではカラオケ用のモニターが3台あるのですが、
その内の1台が何時も曇っていてピンボケの状態でした。

そこでママさんの了解を得て「気」を送ってみる事にしました。

『すると、どうでしょう!?』
毎日見ているママさんが驚く程の変化がありました。

先ず第一に画面全体が明るくなり、しかも鮮明になったのです。
またその所為でしょうか、立体感さえも感じられてきました。

そして何よりも大きかったのが歌詞用の白文字の変化です。

モニター画面には曲に合わせて白文字が次々と表示されますが、
それが今までとは違いクッキリ・ハッキリとしてきたのです。

これは私自身も予想していなかった事ですが、
同じ感動をご自身で味わってみては如何でしょうか。

それにはPCの画面に軽く触れるか手をかざすだけでOKです。

画質と同時に音質の変化も感じられる筈ですが、
人の手からは「気」が出ているので当然と言えば当然なのです。



音質改善の記事はこちら


記事へトラックバック / コメント


動画『故郷』の再生数が15万回を超えました。

2018/09/15 17:12
とは言え3年も掛かったのであまり自慢にはなりません。

以前は『2001年宇宙の旅』がダントツで多かったのですが、
直ぐに追い越して今はその差を広げつつあります。

やはり『故郷』の詩と旋律が直接日本人のDNAに響くからでしょう。

最近は動画作りからすっかり遠のいていますが、
再生数と共有数に一喜一憂する状態だけは今後も続きそうです。





おまけ・・・。






記事へトラックバック / コメント


性同一性障害と転生

2018/09/12 15:42
最近よくLGBTという文字を目にしますが、
個人的にはかなり違和感を覚えています。

Lはレズビアン、Gはゲイ、Bはバイセクシュアル、
そしてTはトランスジェンダーの頭文字ですが、
何れも個人的な性癖に過ぎないとは言い過ぎでしょうか。

よくトランスジェンダーは「性同一性障害」と訳されていますが、
実はこの両者は全く違うものなのです。

性同一性障害とは純粋な医学的概念に属するもので、
心の性と身体の性が一致しない状態に苦しむ症状を指します。

対してトランスジェンダーは飽く迄も自己申告によるもので、
性同一性障害の人達とは違い外科的手術を望んでいません。

日本は昔から性に寛容な国でした。
それがここに来て性的少数者の権利を求める大合唱です。

いくら外国の影響とはいえ、
これでは反発を受けて逆効果になるのではないでしょうか。

ところでその性同一性障害についてですが、
「トンデモ」と笑われるのを承知で個人的見解を少々。

人生とは決して一度きりのものではありません。

人は何度も転生を繰り返して魂を発達させていくのですが、
それは男から女、女から男へと交互に行われます。

しかしその際に前世の性に強い拘りがあったり、
今生での性に拒否感を抱くと性同一性障害になるのです。

故に、この転生の側面からのアプローチを加味しないと、
医学的対処だけでは解決しづらいのではないでしょうか。



記事へトラックバック / コメント


地震の予言には責任が伴う

2018/09/10 17:53
今回の地震を予言したという人達がSNSで話題になっていますが、
いい加減にしてもらいたいものです。

その予言なるものの内容はと言えば、
アバウトすぎて如何ようにも取れるものばかりです。

しかもそれらは全て言いっぱなしなのです。

確か昭和の初期ですが、
日時を指定して地震の予言をした新興宗教の教祖がいました。

当然の如くその予言は外れてしまったのですが、
その教祖は中々の人物でした。

何と、責任を取って腹を切ったのです。

幸い一命は取りとめたのですが、
ここまでの覚悟を持った「予言者」が果たして何人いるでしょうか。

しかもその心理状態に於いては罪深い面も指摘出来ます。

即ち、これは自らに当て嵌めればすぐ分かるのですが、
人は予言した地震が起こらないようにと祈るより、
不謹慎ながらも当たってほしいと願ってしまうものなのです。

悲しいかなこれが現実です。

予言をするのは結構ですが、
そこには重大な責任が伴う事をわきまえて欲しいものです。


記事へトラックバック / コメント


宮中祭祀と災害

2018/09/07 16:58
災害が続いた平成の世も今まさに終わろうとしていますが、
ここに来てダメ押しの如く更なる災害に見舞われています。

そこでその原因を考えるに、
どうしてもある一つの事柄が頭をよぎってしまうのです。

それはズバリ、宮中祭祀がないがしろにされている現状です。

これは科学的な裏付けもなく多少オカルト的でもありますが、
実は皇室の存在意義にも関わってくる問題なのです。

神武天皇以来125代続く天皇の本分とは、
八百万に神を見出す日本人の祭祀長としての役割です。

「先ず神事、後に他事とす」

これは84代順徳天皇のお言葉ですが、
宮中祭祀の大事さに付いて簡潔に述べられたものです。

その祭祀が簡略化の名の下に骨抜きにされ、
あまつさえ次代への引継ぎも危うい状態になっています。

最近はこの事に不安を表すブログも多くなっていますが、
内心同じ思いを抱く国民も多いのではないでしょうか。

皇室は決してタブーではありません。
これは皇室を敬うからこその問題提起であり諫言なのです。



記事へトラックバック / コメント


「オーラの自撮り」の仕方

2018/09/03 16:17
先日変わった夢を見ました。
登場人物が皆鮮やかなオーラに包まれていたのです。

『あゝ、本当はこうなっているんだ』
思わず夢の中で呟いていたものでした。

実はこのオーラは誰もが発しているのですが、
それを普通に見る事が出来るのはごく一部の人だけです。

そこで、これは以前にも記事にしたのですが、
私が発見した「オーラの自撮り」の仕方をご紹介します。

 1、壁を背にしてスマホやデジカメで自撮りをします。
 2、それをパソコンに取り込んでモニターに表示します。
 3、その画面を更に写して表示するだけです。


画像

この方法は偶然発見したのですが、
何故オーラが写るのかは分かっていません。

但し、再現性があるので科学的には合っている様な気がします。



「オーラの自撮り」の記事はこちら


記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
宇宙の意識と共に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる